丸い錠剤

不妊治療でよく使われる

有名な医師

不妊治療でよく使われているのが、排卵誘発剤です。妊娠をするためには、排卵は必要不可欠です。そこで、排卵誘発剤を使って排卵を促すのです。排卵誘発剤が原因で、奇形児が生まれることはありません。

Read More...

種類によって違う特徴

白い錠剤

一言で排卵誘発剤と言っても、様々な種類があります。種類によって、効き目や副作用は異なります。使用されることが多いのは、セキソビットやクロミッドなどです。副作用もあるので注意して服用する必要があります。

Read More...

卵子を育てる

カラフルな薬

不妊治療をしていくためには、不妊の原因を探して、それを改善していく必要があります。不妊の原因の1つに、排卵障害があります。妊娠をするためには、排卵する必要がありますが、その排卵が正常に出来なくなってしまうのです。そういう場合は、排卵誘発剤を使用した不妊治療を行っていきます。排卵誘発剤は、卵巣で成熟する卵胞の数を増やし、質が高い卵子を育てていく効果があります。排卵誘発剤という名前の通り、排卵を促す作用もあるのですが、卵子を育てることを目的としても使われています。排卵誘発剤に似ているものとして、排卵促進剤があります。排卵促進剤とは、排卵を促進することを目的として使われるものです。排卵促進剤を使って、卵胞を育てたら、排卵促進剤を使って、排卵を促進させるのです。排卵促進剤を注射した、36時間~40時間後の排卵が起きます。不妊治療で使われる薬は様々ありますが、最も一般的なのが排卵誘発剤です。タイミング法や人工授精の時に、妊娠する確率を高めるために使用することが多いです。排卵誘発剤を使って、卵子をしっかり育てることで、タイミング法や人工授精で妊娠しやすいベストな状態を整えられるのです。

不妊治療を行っている病院で、排卵誘発剤を処方してもらうことができます。病院だけではなく、個人輸入代行を利用して入手することも可能です。不妊治療にかかる費用が高くて、経済的に苦しいと感じている夫婦は多いです。そこで、ジェネリックの排卵誘発剤を使うことで、通常通り不妊治療を行いながら、費用を抑えることができます。

ジェネリック出やすく

医師と患者

不妊治療をする上で、気になるのは治療費用です。排卵誘発剤を使うと、治療費用が高くなるため使わない人もいます。排卵誘発剤は保険が適用されるので、自己負担額は500円程度で済みます。

Read More...
このエントリーをはてなブックマークに追加